こちらから押さない

エステシャンとして働いていると様々なお客様と会話をすることになります。
施術をしている間はもちろんですが、カウンセリングなどでもたくさんの会話をするので、最も客様に嫌われてしまうのは強いセールスをすることになります。
とはいえ仕事の以上、ある程度のセールスはしなければならず、会社によっては月々でノルマが決められているようなこともあるので、エステティシャンも多少のセールスをしながらお客様に商品を販売することや、施術の契約を取ることなどが大切となります。

しかしここでの勧誘が強過ぎてしまうと当然お客様は気分を悪くしてしまい嫌われてしまう結果になるため、気をつけなくてはならないポイントがたくさんあります。
最も重要なのは、お客様から施術についてや、肌の悩みについてを話されない限り、こちらから強く勧誘していかないということになります。
闇雲に次から次へとセールスをしてしまうエステティシャンもいるようですが、これはお客様にとって迷惑でしかありません。
あくまでも施術を受けている間というのはリラックスした時間であり、この時間帯に色々と自分の好きなことを考えていたり、何気ない会話を楽しみたいと思っているお客様がたくさんいるので、そこで強い勧誘などしてしまえば気分が悪くなるのは当然のことだといえるでしょう。

万が一、お肌について何か気になるようなことがあってもあえて強く勧誘してしまうのではなく、悩みなどを上手に聞き出しながら、その上で、こんな施術がありますと紹介する程度にとどめておいた方が良いです。

タイミングを逃さない

エステの中での無料キャンペーンを行っていたり、半額キャンペーン等を行っている時にはとてもお得になりますので、正直にお客様にこの内容を伝えて施術を受けてみてはどうかと進めることが必要です。
それから勧誘をした時に、最もお客様に嫌われてしまうのは、初回で強い勧誘をしてしまうなどというケースになりますので、ある程度同じお客様に施術をさせていただき、信頼関係を結んでからであればセールスをするにも嫌悪感を抱かれてしまう可能性が少なくなります。

常にお客様が気分の良い状態でお店をあとにすることができるように気をつけなければならないので、難しい部分ではありますが、前述の通り、強く押さないと、いつでも心がけておかなくてはならないでしょう。
このほかどうしてもセールスしたい内容がある場合には、自分の肌の悩みや話を持ち出してどのような施術を受けたときに改善されたのかといった話を自然な流れで持ち出しておくと、お客様が覚えていてくれるので、万が一同じような悩みを持った時や経済的な余裕ができたできたときに、自ら進んで受けてくれるようになります。


Categories : お悩み

Sorry! This article is unable to leave response!

  • esthetician 素敵なエステティシャンになりましょう♪