自分がエステティシャンとして働く現在の職場で抱えた悩みと、徹底的に向き合ってきたけど、
結果的には問題は解決しなかった、このような人も世の中にはいるでしょう。
これはどのエステティシャンにも可能性のあることで、
このような局面に立たされた場合にどうすれば良いかというと、
別のエステティックサロンの職場を探してみるのがよいのではないでしょうか。

エステ業界全体に不満を持っているのではなく、あくまでも現在の職場に対して悩みを持っているのならば、
この対応策で問題を解決できる可能性は非常に高いです。職場が変われば気持ちも変わり、
エステティシャンとしての仕事をしていく環境の好転が見込めるかもしれません。

もしかすると自分の職場は、エステ業界の基本から逸脱している可能性もあるかもしれませんので、
今一度エステ業界の勤務時間や仕事内容について確認してみてはいかがでしょうか。

ハードな仕事内容

まず、心得ておかなければならないのがエステ業界の仕事は基本的にハードであることが多く、
勤務時間も半日に及ぶようなことも珍しくはありません。さすがに夜勤があるようなことはありませんが、
どちらにしても忙しく長時間の勤務になる可能性が高い業界であることを知っておく必要があります。

仕事内容は、店によっては多少の違いがあるものの基本的には技術職でもあり接客業でもあるのです。
施術方法やエステ機器の使い方を把握してお客さんにより良い施術を提供するのはもちろん、
施術後の営業行為もエステティシャンの立派な仕事といえるでしょう。

コミュニケーション能力が必要

また、カウンセリングによってどの施術がお客さんに最適かを見極めることも大切で、
その場合にもコミュニケーション能力が重要になります。
さらに、電話対応や掃除、洗濯などの雑用もありますし、店舗によってはダイレクトメールやチラシ作りなども必要です。

このようにエステティシャンは、多岐に渡る業務が特徴でもありますので、
現在のお店を辞め、新たな職場でエステティシャンとして再スタートを切るならば、このようなポイントを踏まえた上おきましょう。

  • esthetician 素敵なエステティシャンになりましょう♪