エステサロンを任されているような多くの店長さんが抱える悩みには、本社との見解の相違です。店長クラスになったエステティシャンならば、それぞれがそれぞれの理想を持っているのが当然です。

しかし、その理想と本社の掲げる理念とが合わないこともあります。フランチャイズ展開するような有名なエステサロンの場合は、本社の意向は絶対という状態が作られていることが多く、例え本社の方針に合わない部分があったとしても、それを押し通すことはできません。

フランチャイズ展開しているエステサロンの店長が、本社の意向に背いてばかりでは、自身が業界から追い出される可能性もありますし、何ともまとまりのない店になってしまうでしょう。

そのため、本社の方針と合わない部分があっても、自分がエステ業界で生き残るためと割り切らなければならない部分もあるのです。まず、このような悩みを抱えてしまった場合に大切なのは、決して自分だけがその悩みを抱えていると思わないことです。

フランチャイズ展開しているようなエステサロンであれば、その数の分だけそのような店長独特の悩みがあります。そう考えるだけで、少しは気が楽にになるのではにないでしょうか。

また、考え方も重要になり、あくまでも将来の独立を目指して経営を学ぶために店長をやっていると割り切るのもひとつの手段です。本社の方針と合わない部分があったとしても、勉強できる部分は多様にあって、その方針が気に入らないなら、たくさん学んで今後自分が独立する際にそのエステサロン以上のブランドを作り上げてしまえばよいのです。

また、フランチャイズというシステムの下で店長をやっているのならば、本社の方針に合わせるのはある意味では当たり前なので、割り切りが必要な部分も最初に店長をやることになった段階で心得ておくとよいでしょう。

その上で、日々の不満や悩みを打ち明けられる仲間を持つことも大切です。店長クラスになると、自分のお店以外での人脈も大切になってきて、これはエステ業界とは全く別の業界での人脈も同様となります。

会社経営と知り合いになることができれば、その経営者から店長としての業務に必要なことを学べるかもしれませんし、同じ人を管理する立場での共感もあるかもしれません。
もし現在、店長として上との方針が合わずに、悩んでいるというのなら悩み解決と同時に人脈作りをしておくと、この後の独立の際に役立つ可能性は高いです。

  • esthetician 素敵なエステティシャンになりましょう♪