店長さんはエステサロンを任される存在です。店長を一家で例えるならば、
一家の主であるといえ、店の様々な方針について大きな責任を背負うポジションとなります。
店で問題があれば、全責任が店長にのしかかってきますし、店が認められれば店長が認められたも同然でしょう。

求められるもの

つまりは店長は店そのものであるともいえ、
そんな店長にはエステティシャンに求められる技術や知識の他にも様々なものが求められます。

責任とやりがいが常に表裏一体な店長ですが、それだけに店長をして得られるものも大きいのではないでしょうか。
店長は店の責任を一挙に引き受ける存在でもあり、そんな店長に重要なスキルは問題解決能力です。
問題を素早く分析し、最善の解決策を打ちたて、それを実行する、
これができれば店長として大きく評価されるのも、そう遠い未来ではないはずです。

店長が理想とすべきエステサロンは、エステ業界を知り尽くしたともいえる自分が受けてみたいと思えるエステなのではないでしょうか。
その理想を求めて突き進み、それが現実のものとなれば、そのエステサロンには多くのお客さんが集まってくるでしょう。

スタッフとの結束

また、店のおもてなしなどのサービスには、店長の考え方が強く反映される部分で、
それをスタッフにどれだけ伝えられるかが重要です。
このため、店長だからといって接客や施術を疎かにすることはできず、店長になってからもこれらは日々勉強だといえます。

お客さんがまた来たいと思える接客術も重要ですが、お客さんの心をつかみとり、従業員をまとめあげるトークスキルも必要になるでしょう。
日々の行動で魅せるという方法もありますが、会話というのはとにかく相手に思っていることを伝えやすいです。

店長の一言で職場の士気が高まり、職場が一丸となる、このような状況を作り上げることができれば、
素晴らしい店舗として仕上がっていくでしょう。

さらに、店長である自分の言葉に力を持たせるためには、店長の格というものを身につけなければならず、
それをさせるのが日々の行動です。従業員を教育したり、本部とのやりとり、
その他様々な店長業務をしっかりこなしてこそ、発言に力のある店長の存在を見せ付けることができます。

この項目ではそんな店長が悩みやすいポイントについて詳細解説を加えていますので、ぜひ参考にしてみてください。
店長という立場上、なかなか店のことを相談できないということもあるので、
ここに書かれているようなことを踏まえて、店長業務について考える際の足しにできれば、店のためにもなるのではないでしょうか。

店長の心構え

bara-mu怒るより褒める
店長は人材育成を慎重に行わなければなりません。

bara-mu考えることが沢山
やることや考えることが多い店長の仕事は、まず優先順位を付けることが大切です。

bara-mu本社の方針と合わない
本社と意見が食い違う場合はどうすればいいのでしょうか?

  • esthetician 素敵なエステティシャンになりましょう♪