店の方針によっても異なりますが、エステ業界には売上至上主義の店舗もあります。このような店舗に新人として入社した場合は、非常に厳しい毎日を過ごすことになる可能性もあり、新人に絶対必要であるエステスキルの向上が疎かになることも珍しくはありません。この店の売上重視という部分は、段階によって対応策がそれぞれ異なってくることを覚えておきましょう。

まず、働く場所を選ぶ段階ならば新人の技術向上に努めてくれるような職場を選ぶようにして、しっかりと自分をプロデュースしていくことが大切です。しかし、エステティシャンの中には既に日々の厳しいノルマが課せられているという人もいます。

そのような場合には、売上重視の店で働く環境の中で、どのように技術を向上し、自分をエステティシャンとして大成させるかについて徹底的に考える必要があります。あまり考えたくないことかもしれませんが、今の店では決して大成することは難しいという確信があるのならば、最終判断で職場を変える決意も必要になってくるかもしれません。

また、時には発想の展開ということも大切で、売上重視の店において何を学べるかを考えることもよいです。例えば、将来独立することを考えている人は、売上重視にエステサロンの経営を学べるかもしれません。

特にフランチャイズ展開するサロンの中でも有名な店舗で働いているという場合は、経営については効率が極まっていることも多いので、意識によっては自分が将来経営をしていく上で大切な術が身につくこともあります。

さらに、売上重視に付きものなのが接客スキルで、接客スキルやトークスキルの高いエステティシャンは、どんどん契約や販売を達成していくでしょう。このような営業スキルの高いエステティシャンは店に重宝される傾向にあるので、エステティシャンとしての地位を確立するのに役立つスキルになってくる場合もあるのです。

このような発想の転換ができれば、売上重視の店においても学べることは多様にあり、考え方によっては売上重視の店で経営をしっかり学び、後に職場を変えて施術重視の店で施術スキルを学びなおすという計画も考えられます。

売上重視の店で働く=エステティシャンとして必要なスキルは身につかない、このような考え方をする人もいますが、必ずしもそのようなわけではありません。働くことで何か得られる物がある、ということを知っていれば、売上重視の店であっても働く意欲に繋がるのではないでしょうか。

  • esthetician 素敵なエステティシャンになりましょう♪