先輩と後輩、店員と店長、などの上下関係はどの業界、どのお店にも少なからず存在するものです。エステ業界はその中で上下関係が大きい業界だといえるでしょう。エステ業界で新人がこの上限関係を無視した行動を取れば、時に自分にとって大惨事に繋がることもあるので注意したいものです。

上下関係の厳しい職場でも、必ずあるのが好かれる後輩と嫌われる後輩ということです。上下関係の厳しいエステ業界で働くならば、言うまでもなく好かれる後輩を目指すようにしましょう。

挨拶や態度は基本的な部分なのであまり注意する必要はありませんが、大切なのが先輩や店長を立てるという部分です。常に先輩や店長の立場を考えて、行動することができれば、好かれる後輩として職場に長く留まることができるはずです。

自分は先輩を立てていると思っていても、無意識の行動が先輩を傷つけていることもあるので、自分の職場での風当たりが強いと思ったのならば、手遅れになる前に今一度自分の行動を見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

また、基本的に人は何に対しても一生懸命な人間を放っておくことができず、好感を持ったりします。これは上下関係が厳しいエステ業界とて例外ではないので、新人としてひたむきに仕事に取り組む気持ちを忘れないことも、厳しい上下関係の中で生き抜いていくために必要なことです。

しかし、先輩を立てる行動に徹するというのは、言葉で言うのは簡単でもなかなか難しいものでストレスも溜まります。そのため、先輩や店長を立て続けられる精神状態を維持するために、日々の心のケアを怠らないことも重要です。

女性は人に愚痴や悩みを聞いてもらうだけでもストレスが解消できる素敵な生き物なので、友達や恋人、親など誰でも良いので、定期的に相談してみるのもよいでしょう。解決策は掲示されなくとも、ただ話しを聞いてもらうだけでもストレス解消になり、立派な心のケアになるのです。

また、もし職場に苦手な先輩がいるなら、自分がエステティシャンとして大成するための手段と割り切って、あえて相談を持ちかけてみるというのも良いかもしれません。もしかしたら、自分が嫌っていただけで、本当は良い先輩だったということがわかるかもしれませんし、積極的に相談してくれる人間を嫌うというのは、普通の人ならばできないのです。

エステティシャンの新人として働いているならば、このような事柄に注意して、職場で一番の可愛い後輩を目指してみてはいかがでしょうか。

  • esthetician 素敵なエステティシャンになりましょう♪