エステティシャンの新人さんは、まだまだエステの仕事に慣れていないということもあって、とにかく疲れが溜まります。
疲れの溜まりやすさは人それぞれな部分もありますが、
疲れの大小はあるものの、この疲れというものは色々な部分に影響を及ぼします。

疲れによって仕事が疎かに、エステの勉強に身が入らない、さらにエステティシャンにとって死活問題になるのが肌荒れです。
肌は非常にデリケートで、様々な外的要因に敏感に反応してしまいます。

プロとして肌荒れはNG

ここで考えてほしいのが、自分ならば肌が荒れているエステティシャンと、
肌が綺麗なエステティシャンのどちらに施術してほしいか、という部分です。
残酷な話なのですが、エステティシャンはあくまでもお客さんに美を売る仕事であって、
その美を売る本人が肌のケアをお客さんに怠っていると思われてしまっては失格なのです。

このため、一人前のエステティシャンを志すならば、疲れに強い肌ケアを身につけなければなりませんし、
さらに肌が多少荒れていても、肌への影響をできる限り抑えた上で、その肌荒れを上手に隠せるようなメイク術も必要になります。

規則正しい生活を心がける

肌荒れを防ぐ一番大切なのは、人間の基本的な生活から逸脱しない範囲での規則的な生活です。003784
長時間勤務になることも珍しくないエステ業界ですが、
仕事終わりにもやりたいことがまだまだあるからといって、ついつい夜更かししてしまっていたのではなりません。

22時から翌2時くらいまでが肌のゴールデンタイムと言われることもあり、
この時間に良質な睡眠が取れているかというのが、肌の再生には重要です。
さすがに22時ピッタリに寝るというのは難しいので、
遅くとも24~25時までには寝るというような自分なりの睡眠ルールを設けるのもよいでしょう。

次に栄養という部分も美肌や肌再生という点では重要になり、
各種ビタミンや体内の老廃物をしっかりと排出するために必要な食物繊維などを適量摂取するように心がけます。
下記のサイトでは肌荒れに良いとされている栄養素や食材が紹介されていますから、参考にしてみてください。

bara-mu参考:バランス良く栄養を補給して肌荒れ予防

調理に時間を取られるあまり、睡眠時間を犠牲にしてしまってはもったいないので、
そこはサプリメントなどの栄養補助食品を上手に使って乗り切るようにしましょう。
基本的に肌の美しさは日々の生活の積み重ねで作り上げていくものなので、
日々の生活の中でどれだけ肌に良いことができるかを徹底的に考えてみましょう。

そうすれば、お客さんから『このエステティシャンのような肌が目標』と思われるような憧れの肌を手に入れられるかもしれません。
エステ業界では施術スキルも重要ですが、エステティシャン自身の美に対する意識も重要になることを覚えておきましょう。

  • esthetician 素敵なエステティシャンになりましょう♪