エステサロンで働き始めたエステティシャンの新人さんは、エステ業界について右も左もわからない状態です。
中には覚えることが膨大すぎて、どう進んでよいかわからなくなってしまっている人もいることでしょう。

ここでは、そんな新人さんに対してアドバイスをして、
エステティシャンの中堅を目指すまでの方向性を確立していただきたいと考えています。

初心を忘れずに

エステティシャンを目指す理由には様々なものがあるかと思いますが、美をお客様に提供し、
感謝されたり憧れられる存在になりたい、というような理由もあるでしょう。
自分の実力次第ではメディアなどに取り上げられる可能性のある職業、
将来独立して一定以上の収入を確保できる職業というようなエステ業界の可能性の高さにかけてエステティシャンになった人もいるかもしれません。

どのような理由にしろ、前向きな気持ちでエステティシャンになったことには変わりないと思われるので、
その初心を忘れないようにしましょう。

そんなエステティシャンとして働くための第一歩であるのがエステ業界での就職活動ですが、
この際に一番重視したいのが職場選びです。ここでは職場の将来性という部分に重点を置くことが大切で、
この職場で長年働けば確実にエステティシャンとしての自分の地位を高めていける、
と思えるような職場に対して求職活動をすることが大切になります。

そんな職場を運良く見つけることができ、晴れてエステティシャンとしての第一歩を踏み出すと、
アナタは様々な初めてを体験することになるでしょう。
人によっては接客経験も初めてになることもあって、中には美に対して徹底したこだわりを持っている、
接客が難しいタイプのお客さんもいます。また、お客さんには店員の新人もベテランも関係なく、
店を利用しているからには、どの店員にも一定以上のサービスを提供してもらえると思っています。

新人でもお客様から見たらプロ

そのため、新人だからという理由は決してお客さんには通用せず、
『わかりません』の一言でその場を済ませてしまうなどは考えられませんので、
わからないことがあるならば先輩にアドバイスを求めるなり、
対応を手伝ったりしてもらうなりの適材適所の対応を覚えていくようにしましょう。

また、エステティシャンの新人に必ず付き纏うのが様々な悩みで、別ページにて新人さんが悩みやすい共通の事柄を詳細解説しているので、
自分の悩みと照らし合わせ該当するような項目があるならば参考にしてみてはいかがでしょうか。

エステティシャンとして大成するまでには様々な悩みが付き纏います。悩むことは決して悪いことではなく、
問題なのはそれをしっかり解決していけるかどうかです。

悩みや問題を解決

bara-mu長時間勤務
エステサロンでは長時間勤務になってしまうことも多くあります。

bara-mu肌荒れ
美を売る仕事であるエステティシャンは肌のケアをしっかりと行うことが大切です。

bara-mu雑用ばかり【作成中】
最初は雑用ばかりを任されるかもしれませんが、まずはそこを乗り越えなければなりません。

bara-mu売上重視【作成中】
店舗によっては、とにかく売上を重視するというところもあります。

bara-mu上下関係【作成中】
働く上では、上下関係をしっかりと踏まえた行動をとらなければなりません。

  • esthetician 素敵なエステティシャンになりましょう♪