エステサロンで働くことにかなり慣れてきたエステティシャンは、職場ではベテランや中堅と呼ばれる存在だといえます。
現在の仕事に慣れてきたからといって勉強するのが終わりではなく、
中堅が高めていかなければいけない技術や知識はまだまだ多様に存在します。
中堅エステティシャンに求められるものは、人材育成、サービス向上、自身のスキル向上などに大別できるでしょう。

店の顔

新人時代は、ある程度接客に気をつけてはいたでしょうが、
中堅に求められる接客技術はある程度ではなりません。
中堅の接客は=店の接客でもあるので、店の顔としてのマナーや心得を身につける必要があるでしょう。

この段階の対応で重要なポイントは、行動ではなく気づきではないでしょうか。
お客さんに言われてからする行動では、中堅の接客とはいえず新人の接客のままです。
お客さんが何を考えているかを常に把握し、
言われる前に気づいて行動する、これが中堅の接客には求められます。

そこには当然、お客様への癒しという部分も入ってきて、
ちょっとした配慮で居心地の良い空間を演出したり、
施術に効果だけではなく気持ち良さを求めるということも大切です。

理想が徐々に現実に

また、このくらいのポジションになれば、
エステティシャンとしてのやりがいが具体的に見えてきたという人も多いはずです。
お客さんに感謝をされる喜びであったり、エステスキルを追求していく楽しさであったりと様々です。

そして、このやりがいこそが今後の自分がエステティシャンとして目指す姿にダイレクトに直結していくのです。
とことん技術を追求するのがやりがいに繋がっているなら、
他に並ぶものがいないと言われるレベルになるまで技術向上を貫いていくのもよいでしょう。

エステティシャンとしての技術向上にも興味があるが、どちらかといえばエステサロンの経営に興味津々、
という場合は中堅という少し余裕が出てきた立場を利用して、エステサロンの経営について独自の勉強を始めるのもよいでしょう。

ここまで、書いてきた中堅の仕事については自分の力量や行動でどうにかなるものです。
しかし、もうひとつの中堅の仕事である新人教育や上からの命令の対応については、
自分の考えだけを押し通せるものではありません。

上と下からの圧力の板挟みになる中堅エステティシャンにおいては、
新人教育や上からの命令の対応、などがある意味では一番難しい仕事だといえます。

特に経験の浅い中堅さんにとってはかなりの難しさとなるので、新人育成や愚痴の聞き役、
さらには上からの圧力の対応方法などを具体的に別ページにて解説していますので、
中堅エステティシャンがお悩みを解決して、さらなるステップアップを目指すための参考資料としてご活用ください。

さらにステップアップするために

bara-mu新人指導の難しさ
中堅になると、今度は新人に教える立場になります。

bara-mu愚痴の聞き役【作成中】
板挟みになりやすい中堅の立場は、愚痴の聞き役として必要とされる存在になります。

bara-mu上からの圧力【作成中】
上司からのプレッシャーがあったらそれをうまく利用するというのも一つの手です。

  • esthetician 素敵なエステティシャンになりましょう♪